4e75516fc4cb003c172cc9b3b055274a_s.jpg

子連れでニコニコおでかけしよう


こどもたちにとってパパママとのおでかけはワクワクがいっぱい。
たくさんの触れ合いやチャレンジを通して
こどもたちが大きく成長する機会になるでしょう。
当サイトでは子連れで楽しくお出かけできるスポットを
筆者の実際の体験を交えて紹介しています。
お気に入りスポットを見つけてくださいね。


2015年09月08日

伊豆子連れ宿おすすめ「杜の湯きらの里」宿泊レポ!全室離れで幼児・赤ちゃんにやさしい!

一泊二日で伊豆へ家族旅行に行ってきました
伊豆は結婚前から私と旦那の大好きな観光地ですが
子連れで行くのは初めて。
子連れ旅行にいいと有名な宿に泊まってみたので
まずは旅館レポしたいと思います。

「杜の湯 きらの里」



伊豆高原駅から車で7分の位置にあり
伊豆ぐらんぱる公園、
伊豆シャボテン公園、
テディベアミュージアム伊豆からも近い好立地

今回は伊豆高原よりレンタカーで行きました

離れの客室メインで子連れにやさしい

旅館全体が里山をイメージした風景になっていて
とても広大な土地です
客室は一戸建て平屋のような「離れ」が中心で
子連れも声・物音を気にすることなく過ごすことができ
赤ちゃん・幼児連れでも安心して過ごせます。

我が家が泊まった部屋は「竹ぶえ」という離れの集まりの中の
「星」というお部屋。
寝室・居間がしっかり分かれていて
さらに縁側もついています。
廊下が縁側から玄関までぐるっと通っていて
居間を通ると一周できるような間取り。
子どもは終始マラソンのように遊びまわっていました。笑
かくれんぼも楽しみました。

寝室はローベッドですが、
簡単に2台をくっつけることができて
赤ちゃんの転落の危険も少なく安心。
本当に低いベッドなので落ちてもさほど害はなさそうです。

食事は食事処だけど座敷席

「離れ」という特性もあり、食事の部屋だしがなく
食事処まで行って食べるのですが
そちらにもしっかり座敷席があるのが嬉しいです。
(掘りごたつ席なので転落には注意)
店員さんも子どもにやさしく
周りも子連れが多いので気をもまずに過ごすことができました。

もちろん食事も豪華絢爛。
とってもとっても美味しかったです。
息子も食事つきにしましたが
親がじゅるっとよだれがでるほど
美味しそうな定食を用意されていました。
2歳児にこの量・クオリティかい、とツッコミ。笑

大浴場にもベビーベッドあり

大浴場も離れなので外を通って行きます。
こちらにもベビーベッドが設置してあります。

大浴場でうれしいのが「ドリンクの無料サービス」
夜はヤクルト・朝は牛乳かコーヒー牛乳が提供されます。
(基本1人1本なのでしょうが、無人なので人数分であれば
 部屋に持ち帰っても問題なさそうです)
息子はヤクルト大好きなので大喜びでした。

お風呂は広くて清潔感があり
とてもくつろげる空間でした。
サウナもありましたよ〜!
露天風呂もひのき・壺湯など3種類。
静かの湯という寝湯の内湯は
文字通り静かでしーんとしていて・・・
はあ・・・わたし・・・生きてる・・・なんて
久しぶりに育児を忘れ
自分の世界に入ってしまいました。
(旦那と順番入浴したので1人でいきました)

ちなみに貸切風呂も3か所あり
特に予約は必要なく、空いていればいつでも入れるそうです。
うちは悪天候のため利用しませんでしたが
赤ちゃん連れだと予約しても「あ〜寝ちゃった・・・」とかあるので
予約なしで入れるのはうれしいですよね。

夜鳴きそば、うまい。

22時〜23時半まで
夜鳴きそばなるラーメンが無料提供されます。
子どもたちを寝かしつけた後
旦那と2人でラーメンタイム。
至福・・・

---------------------------------------

スタッフの方の対応も終始すばらしくて
とても充実した時間を過ごすことができました。

うちは荒天だったので外では遊べませんでしたが
部屋の外も「里山風景」を見事に表現しているので
竹馬やブランコで遊べたり
うさぎが飼育されていたり
子どもが喜ぶものがたくさん。
陶芸の体験もできる施設があるようです。
子どもを退屈させない工夫、とても嬉しいですね。

あ、一つだけ欠点を述べるとしたら。
部屋に鏡台がないです。
洗面所で化粧したんですが
間接照明中心なのでどうにも化粧しにくくて・・・
部屋に鏡台があれば完璧!!
行く方はぜひ鏡を持参しましょう。笑

しかし
ぜひともリピートしたい宿です
みなさんも伊豆観光の際にはぜひ
行ってみてはいかがでしょうか


うちは楽天トラベルで予約しました。
割引プランもありお得に行けました

↓↓↓


公式HPもこちらから


ラベル:旅行
posted by よちゅまま at 22:51| Comment(0) | 0歳から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

【三郷】ららぽーと新三郷「トーマスタウン」男の子は感激!雨でもOKのミニテーマパーク

男子なら1度ははまるであろうトーマス。
そのソドー島の世界を再現した場所があるのです。

トーマスタウン

公式HPはこちら

今回は新三郷のトーマスタウンに行ってきたレポしたいと思います。

トーマスタウンとは

男の子はかなりの高確率でハマる
「機関車トーマス」の世界を再現したテーマパーク。
ららぽーと新三郷内にあります。

トーマスコインで楽しむ施設

入場料は無料

園内で遊ぶには独自通貨「トーマスコイン」

施設内のキッズスペースで遊んだり
トーマスと一緒に車掌の服で写真を撮ったり
トーマスのアトラクションに乗る場合に使用します。
1コイン200円

アトラクションが4コイン
(保護者も同等にかかるので付き添う場合8コイン)
ゲームは2コイン
写真は3コイン

ママ友の間で
「地獄のトーマスコイン」と呼ばれ
かなり財布をむしばんできます。笑

しかし息子はもちろんテンション最高潮。
トーマスを見ると大興奮でした

30 - 1.jpg
↑車掌の衣装は90cmから
3コインで貸し出しは2着までです。

30 - 2.jpg
↑トーマスシアタートレインは一番人気のアトラクション。
トーマスの他にパーシーも走っていますが
どちらに乗るかは選べないそうです。

1時間あれば十分楽しめます。

トーマスタウンは小さく
アトラクションも少ないため
1時間もあれば十分に見て回れますが
休日は混雑するので注意が必要です。
キッズスペースは入れ替え制で予約制。
我が家の場合土曜日でしたが
夕方17時ごろ入園したので
そんなに大混雑はしていませんでした

トーマスと写真を撮れる時間は
土日祝日は17:00〜のみなので気をつけましょう


売店のおもちゃで遊べる

売店にはおもちゃを試せるコーナーがあり
トーマスと仲間たちのおもちゃで遊べます。
写真やキッズスペースの順番待ちはこちらで遊ぶといいですね。
しかしおもちゃを欲しがるのは必須・・・img src="https://blog.seesaa.jp/images_g/1/42.gif" width="20" height="20" />笑

-------------------------------------

男の子なら1度はいきたいトーマスタウン。
全天候型で、隣は赤ちゃん本舗と
買い物にはもってこいの場所についてます。
ぜひ行ってみてはいかがでしょうか


↑ウォーリーを探せのトーマス版。
とっても集中してあそびます


↑大好きなトーマスで時計のおべんきょう
ラベル:雨の日
posted by よちゅまま at 17:41| Comment(0) | 1歳から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

【葛飾】上千葉砂原公園(じゃぶじゃぶ池・小動物園・ポニー乗馬・交通公園)

上千葉砂原公園

「千葉」という名前が付きますが
東京都葛飾区にある
複合的な児童公園です。

上千葉砂原公園のHPはこちら

何ができる公園?

じゃぶじゃぶ池
アスレチック
交通公園
小動物園
ポニー乗馬


が1つになった公園です
一つの公園で色々なことができるので
1日楽しめる、子連れにうれしい公園ですね。

こういった複合的な公園と言うと
葛西の「総合レクリエーション公園」も同様ですが
レクリエーション公園と比べると全体的に規模が小さく
その分コンパクトで回りやすいです。
(総合レクリエーション公園はすべての施設が大き目ですが
その分大きな道路を隔てて公園が大きく分かれています。
中を走る豆汽車的なもので行ったり来たりするなど、
一つの場所に荷物を置いて移動するのは
なかなか勇気がいる施設です)

じゃぶじゃぶ池

円形のスペースにドーナツ状に水が張ってあり
中央が盛り上がって小島になっていて
ちょっとした噴水のようなものも出ています。
直径10m程度の場所なので
そんなに大きくはないのですが
大混雑することもなく楽しめます。
シャワーも設置されていて
遊んだあとは体を流せますが
更衣室などはありません。
そして日よけがある場所は小さいので
持っていれば簡易テントを持参するのがおすすめです。



紙おむつの使用は不可で
水着着用必須(はだかは駄目)です。

しかし現状、あきらかにおむつが取れていない子も
水遊びおむつの上から水着を着て入っていました。
(監視員もおじいさんなので
 そういう最新のものはわからない様子でした。苦笑)

交通公園

じゃぶじゃぶ池のすぐ隣が
交通公園になっています。
自転車や三輪車、ペダル式のゴーカートが楽しめます。
(自分の自転車は持参しても乗れませんので
 借りて使ってくださいネ。)

アスレチック

対象年齢が大きかったので行きませんでしたが
幼稚園年中〜小学生くらいが楽しめそうな
大きなアスレチックがありました。

その横にトイレもあり、
道路を隔てて反対側に自販機がありました。
(葛西の公園には物販車が入っていて軽食や飲み物が買えましたが
 こちらの公園はそういう物販はなく
 歩いてすぐにコンビニがある感じでもなかったので
 行かれる方は前もって買い出しした方がいいかも。)

小動物園・ポニー乗馬

豚やモルモット、インコ・カメ・リスザルなどが展示されています。
ここで事件が…
見ている途中にインコが水浴びしている場所から抜けられなくなったらしく
それを同じ獣舎で飼育されて水に入っていたカメが襲っていました…
ちょっと子どもに見せられるものではなかったのでその場を退避
近くに係員の人もおらず誰にも言えず。
後でそっと見に行ったら
カメたちが寄ってたかって食べたあとでした。
カメってインコのこと食べるんですね…

こういった飼育方法の場所って他にもありそうだけど
これはやめたほうがいいなあ…と萎え。
・・・

あ。小動物園のふれあいコーナーは
ヤギやウサギが触れられます。
ポニー乗馬もこの隣です。
時間に制限があり(9時〜17時)昼休みがあります。

駐車場

ちょっと離れた位置に駐車場があり
30分無料/以降30分毎100円

荷物が多くて離れた場所から運ぶのが大変だったので
近くのコインパーキングに停めてしまいました

----------------------------------------------

色々な施設がギュッとつまっているため
小さな子を連れて行き来するにはちょうどいい公園でした。

近くにアリオ亀有もあり、
暑くなったらそちらに避難して遊べました
買い物ついでに行くにも
長時間いても飽きない公園です。

監視員のおじさんがじゃぶじゃぶ池と交通公園を見ていましたが
結構細かく見てくれていて親としては安心でした。

おすすめできる公園です
posted by よちゅまま at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

鉄道模型専門店『ポポンデッタ』小さな子でも楽しめるNゲージとは?

男の子が大好きな電車

プラレールはおもちゃとして有名ですが
大人向けのプラレール『Nゲージ』をご存知ですか?
Nゲージとは、プラレールより小さくリアルな鉄道模型です。
車両だけでなく線路やその風景までも
模型として作成しレイアウトを楽しむ『大人の趣味』ですね。





なんだか機関車トーマスの世界を作っているみたいで
大人がやったらハマりそうですね・・・
散財間違いなし(笑)

その模型専門店で
ポポンデッタ
というお店があります。

ポポンデッタHPはこちら

ポポンデッタでは
Nゲージを使用したジオラマが置いてあり
誰でも運転を体験することができます。
うちの2歳半の長男でも
大人と一緒になら簡単に運転することができ
とても楽しんでいました

しかも価格は20分300円!
体験は安価で楽しめます。

店舗は北は宮城、南は大分まで
たくさんあります。
店舗一覧はこちら

店舗の中にはカフェを併設していたり
カフェについてはこちら
店先にプラレールを置いている店舗もあります。
(幕張のイオンモール店でプラレールがあるのを見ました!)
子どもも楽しめる工夫があるお店もあるようです。

京王百貨店やイオンモールなど
大人が買い物をする場所に一緒にテナントとして入っていることが多い店舗なので
家族で買い物に出かけた際に立ち寄るのにはちょうどいいお店ですね。
パパに一緒にNゲージ運転してもらって
ママはショッピング・・・など

Nゲージ自体は集めてしまうと高くて
なかなか購入できるものではありませんが
店舗にはいろいろなミニカーや
新幹線や電車をモチーフにした子ども用靴下など
子どもの心をくすぐるアイテムも多数。
息子はトーマスのおもちゃが出てくるバスボムを欲しがります。笑



まだまだ暑い季節ですが
涼しくて子どもが楽しめる場所として
お近くの店舗に行っていてはいかがでしょうか
posted by よちゅまま at 14:17| Comment(0) | 2歳から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

【夏の一大イベント】子連れで花火大会へ行くときの持ち物は?迷子対策!暑さ対策にご注意を!

昨日は隅田川花火大会でしたね
毎年隅田川花火大会に行っている我が家
今年は初めて子ども2人連れで行ってきました

花火はと〜〜っても綺麗でカンゲキ
だったのですが・・・
子連れで行くにあたって必要なものを
色々と忘れてしまって
かなりバタバタな1日でもありました

今日は我が家が後悔した
花火大会に
「持っていけばよかったものリスト」
をお届けしたいと思います

1:マグorペットボトルストロー

下の子はマグを使っていたのですが
上の子はコップが使えるので
マグは持っていきませんでした。
しかし!
敷物の上でのコップはかなりぐらぐらで…
飲み物をこぼすこぼす

ペットボトルストローが欲しい〜〜〜〜

と叫びたくなったわけです

暑さもありますので
水分補給できるものは多めに持参しましょう。



2:暇つぶしグッズ

花火が打ちあがるまでの待ち時間、
さらに花火中も
息子はすぐに飽きてしまいます

暗いので絵本などのグッズはNO。
音の出るおもちゃも周りがうるさくてNO。

ピカピカ光る棒などの
光る系のおもちゃが子どもたちには人気でした。
さらには
ポータブルDVDプレーヤーを持参している人も。
(物語よりも映像で楽しめるものがGOOD)

我が家は「花火楽しむかな〜」なんて軽い気持ちで参戦してしまい
すぐに飽きられて早々に退散
もっと用意周到に行くべきでした

また、花火が始まるまでに食べさせすぎてしまうと
花火に飽きたころ美味しいものを出しても見向きもせず
花火前は空腹にしておくと
花火中に黙々と食べてくれてよかったかなと思いました。

3:おむつ・着替え

上の子はすでにおむつが取れていましたが
花火会場の周囲のトイレは大行列で
息子がトイレに行きたいタイミングではまず間に合いません。

「まあトイレでできるでしょ」
なんて軽い気持ちではいけません、、。

花火会場ではおむつを履かせておいた方が正解だと思います。

そしておむつの替えも多めに持参しましょう。

また、じっとり汗をかきますし
帰りにそのまま寝てしまう子も多いので
着替えを持っておくと安心して寝かせられますね。

4:暑さ対策

暑さ対策でよさそうなのは
マフラータオルでした。
首筋を冷やすものですが
一緒に来ていた子が使っていて
とても涼しいそうです。
夜は夜風もあり
マフラータオルに風が当たればだいぶ涼しいのだとか。
子どもも簡単に巻いて使えますので
持参しておくと便利です。



そして昔ながらですが
うちわや扇子もあるといいですね。

5:迷子対策

今回とっても便利だったのが
足首に取り付けるタイプの鈴
かなり大きな音がでるものだったので
近くを歩いているかどうかすぐにわかり
とっても便利でした。

花火大会の会場では
子どもたちもテンションが上がってしまい
予期せぬ行動に出ることがあります。

迷子の放送も行き届いていないことが多く
迷子になったら見つけるのが困難です。

必ず迷子対策をしておきましょう。
歩ける子は1歳〜でも迷子対策、必須です





---------------------------------------

この夏まだまだ予定されている花火大会。
親子で楽しい時間を過ごせるといいですね
posted by よちゅまま at 17:21| Comment(0) | お出かけのコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。