4e75516fc4cb003c172cc9b3b055274a_s.jpg

子連れでニコニコおでかけしよう


こどもたちにとってパパママとのおでかけはワクワクがいっぱい。
たくさんの触れ合いやチャレンジを通して
こどもたちが大きく成長する機会になるでしょう。
当サイトでは子連れで楽しくお出かけできるスポットを
筆者の実際の体験を交えて紹介しています。
お気に入りスポットを見つけてくださいね。


2015年04月03日

子連れで電車長旅。注意点は?準備品やポイントは?

もうすぐゴールデンウィーク。
子連れで電車での長旅を計画されている方もいるのではないでしょうか?
電車で子どもを連れて旅行することは
かなり…不安ですよね。

私もこの間
2時間半の旅をしましたが
てんてこまいでした

私の経験から学んだ「ポイント」を
いくつか紹介したいと思います。



1:授乳室を確認

最近の特急車両には
「授乳室」がついている場合があるのです。
※多目的室、という名前ですが
授乳にも使ってよいことになっています。

私は全然知らなくて
授乳室からかな〜り遠い自由席を確保してしまい
結局授乳室は使わず
席でミルク授乳しました。
授乳室があるのを押さえておけば
母乳で寝かしつけたりできたのになあ〜と
ちょっと後悔。
多目的室については↓↓
https://www.jr-odekake.net/railroad/service/train/child.html
JRの車両から検索↓↓
http://www.jreast.co.jp/railway/train/

2:おむつ替えシートも確認すべき

たった二時間半だし
おむつは変えなくてもいいや、と思っていたら。
娘が発車10分でうんちをぶっ放す。

息子(2歳)を連れて車両4つ移動し
おむつ替えシートつきトイレに到着。
息子もぐずるし娘もぐずる。
はあ〜おむつ替えシートに近い車両にしておけば!!!

3:ポータブルDVDは神。

飽きてしまって騒ぎやすい息子には
とりあえずポータブルDVDプレーヤーで
大好きなはたらく車DVDを見せて対処。
かなりもちました



4:おやつとおにぎり必須。

騒ぎそうになったら
とりあえずおやつかおにぎり。
ボロボロこぼしにくいものをセレクトしましょう。

5:「めばえ」で鎮静。

「めばえ」(幼児雑誌)を1冊荷物に忍ばせておき
ここぞというタイミングで見せました。
「シール貼る!!」としばらく熱中。
助かりました
音が出ない点もGOOD。

---------------------------------------------

うちの場合は空いている電車だったので
私+子2人(2歳0歳)で
席を4席確保して
ボックス席にしてしまいました。
そうすることで
娘を1席に寝かせ
息子を1席に座らせ
眠たくなったら抱っこで寝かせることもできたので
良かったです。
おとな1名だからと2席しか使えなかったら
しんどかったなあ…
(大人1名だと席の予約は1席しかできないので
予約はせず自由席に並びました)

子連れ電車旅は不安ですが
どうしても騒ぐ場合にはデッキにいけるように
デッキ近くの座席にして
乗る時間帯もお昼寝に合わせるなど
工夫すると良いと思います。

頑張りましょう



posted by よちゅまま at 22:24| Comment(0) | お出かけのコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。